平和をめざして

「平和の文化」を構築

「平和の文化」とは

一人一人の「自己変革」からはじまる
「平和」とは、単に戦争・武力紛争がないことをいうのではありません。生命の尊厳や安全を脅かすすべてのものが「平和」の対極にあります。
「平和の文化」とは、平和を築くための価値観、態度、行動、生き方のことです。
「平和の文化」を築くためには、対話、教育、そして人と人とのネットワークを広げるなど、私たち一人一人のたゆみない努力が必要です。
人の心の中に平和の砦を築かなければならない
20世紀、人類は2度の世界大戦を含む幾多の戦争・紛争を経験しました。その反省に立って、国連をはじめ国際社会は、「戦争と暴力の文化」から「平和と非暴力の文化」へと、“人間の価値観や行動”そのものを変革していく努力が必要だとして、「平和の文化」を築くための取り組みを開始しました。
「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない」
「平和の文化」はこのユネスコ憲章とも呼応するものです。
国連は1999年に「平和の文化に関する宣言及び行動計画」を採択し、生命の尊厳、教育・対話や協力を通した非暴力の実践、環境の保護、男女の平等や人権に基づいた価値観、態度や振る舞いを「平和の文化」として推進しています。
1999年9月13日
国連総会において「平和の文化に関する宣言」
「平和の文化に関する行動計画」を採択
2000年
国連「平和の文化国際年」
2001年~2010年
国連「世界の子どもたちのための平和の文化と非暴力の国際10年」
2012年~
国連総会議長が主催する「平和の文化に関するハイレベルフォーラム」を開催
2019年
「平和の文化に関する行動計画」採択20周年
2021年
「平和と信頼の国際年」
「平和の文化」の行動領域
1教育による「平和の文化」
2持続可能な経済・社会的発展
3あらゆる人権の尊重
4女性と男性の平等を保証
5民主的な参加の促進
6理解と寛容、連帯
7コミュニケーションと情報の自由な流通
8国際的な平和と安全
日常生活の中で「平和と非暴力」を自分の生き方としていくこと
「平和の文化」は、日々のあらゆる場面で異なる人や考え方に寛容になり、対話によって理解し、対立を乗り越え、連帯を広げていくという、私たち一人一人の生き方の変革から始まります。

近年の主な取り組み

  • ▼ 目次
「平和の文化フォーラム」「平和の文化講演会」を各地で開催
女性平和委員会は、草の根のレベルから「平和の文化」を啓発・促進していくため、2002年から「平和の文化フォーラム」を継続して開催してきました。また、各界で「平和の文化」構築に活躍する有識者を講師に招き、「平和の文化講演会」を2011年より連続して開催しています。2021年は同フォーラムを2回、同講演会を8回、地域の状況に合わせオンラインも併用して開催しました。
「私がつくる平和の文化」を機関紙に連載、発刊
女性平和委員会は、2019年、「平和の文化に関する宣言と行動計画」採択20周年を機に、聖教新聞に「私がつくる平和の文化」の連載を開始し、「平和の文化」の内実となる「多様性の尊重」や「男女平等」「子どもの権利」など多角的なテーマのもと各界の識者へのインタビューを掲載してきました。2020年からはさらに、実践的に取り組む方々に話を聞き、読者が自身に置き換えて「平和の文化」の主体者として考えられる内容を掲載しました。(2021年12月28日付けで連載終了)
また2019年に続いて、2020年の掲載分を収録した冊子「私がつくる平和の文化Ⅱ」(非売品)を7月3日に発刊しました。
「平和の文化と希望」展を各地で開催
高齢社会の世界的先例である日本の課題を踏まえ、高齢者や子どもの人権と希望ある生活について考える「平和の文化と希望」展を各地で開催してきました。2015年からこれまで、延べ34万人が来場しました。

(2019年8月15日撮影)

戦没者追善勤行法要
創価学会は、青年部の主催で、終戦記念日に「世界平和祈念 戦没者追善勤行法要」を行っています。この法要は1973年、池田先生の提案によって始まり、日本、アジアをはじめ全世界の戦争犠牲者を追悼し、不戦と平和建設への誓いを新たにする機会としてきました。全国では「諸精霊追善勤行法要」として、戦没者の追善を各地の会館や墓地公園等で行っています。2021年は76回目の「終戦の日」に先立つ8月13日、「世界平和祈念の集い」を、東京・信濃町の総本部で開催しました。
被爆体験・戦争体験の継承
創価学会は平和の心を育む取り組みとして各地で被爆や戦争の体験を継承する活動を続けてきました。終戦・被爆から76年の2021年は、沖縄・広島・長崎で証言会や平和の集いを実施しました。
1「慰霊の日」に沖縄戦の証言会
6月19日、沖縄青年部の代表が糸満市にある平和祈念公園の「平和の礎」と「ひめゆりの塔」を訪れ、世界平和を祈念しました。6月23日「慰霊の日」には、沖縄戦の証言会をオンラインで開催し、糸数武さんが戦争体験を語りました。また証言会に先立ち、戦争の記憶を継承するため青年部員らが戦争体験の聞き取りを行い完成した、沖縄戦の絵の「紙芝居」を紹介しました。
2広島・長崎で平和の集いを開催
76回目の「原爆の日」を迎えた8月、広島と長崎をはじめ全国の各家庭で、原爆投下時刻(広島は6日午前8時15分、長崎は9日午前11時2分)を中心に、原爆犠牲者・戦没者の冥福を祈念するとともに、核廃絶を誓う祈りをささげました。

広島では、1日、第184回「広島学講座」が行われ、広島平和文化センターの小泉崇理事長が「広島から世界へ 平和文化の潮流を」と題して講演。また同日、広島女性平和委員会は、「福山空襲・被爆体験を聞く会」を開催し、福山市人権平和資料館の北村剛志元副館長が講演しました。6日にも「被爆体験を聞く会」を開催し、中瀬百合子さんの被爆証言をオンラインで配信しました。

長崎では1日、「ピース・フォーラム2021(長崎平和学講座)」が行われ、日赤長崎原爆病院名誉院長の朝長万左男氏が講演。世界で戦略核兵器の開発が進む一方、核兵器禁止条約が発効した意義は大きいと語り、国の垣根を越えた市民社会の連帯で核なき世界をと訴えました。8日には、長崎青年部が「被爆証言を聞く会」を開催。長崎で被爆した木村光盛さんと娘の靖子さん親子の被爆体験をオンラインで配信しました。9日には「世界平和の集い」を開催し、田崎ツヤ子さんの被爆証言の映像を上映しました。
反戦出版
戦争の惨禍の記憶を語り継ぎ記録していくことこそ、次の世代へ平和の心を継承するための第一歩となります。青年部は、日本の全県を含む3400人に及ぶ戦争体験者の証言・手記を収めた「戦争を知らない世代へ」全80巻を編纂。12年の歳月をかけて高校生を含む全国4000人以上の青年が編纂に携わりました。また、女性平和委員会は「平和への願いをこめて」と題して、戦禍の犠牲になった女性の体験を全20巻471編の手記に収めました。
広島・長崎・沖縄で証言集を発刊
体験・戦争体験を継承し世界へ発信するため、終戦・被爆75年の節目に当たり、広島・長崎・沖縄の未来部と青年部は、平和の心を未来へつなごうとの思いで、2019年から2020年にかけて、沖縄戦の経験者、広島・長崎の被爆者等から体験の聞き取りを実施。それらをまとめた証言集を、2020年秋、それぞれ発刊しました。

『私がつなぐ沖縄のククル(心)』(第三文明社刊)は、8人の体験をまとめたもの。全文英訳付きで、世界へ向けて沖縄戦の悲惨さを発信する内容となっています。『75―未来へつなぐヒロシマの心』(同社刊)は、福山空襲の証言も含め8人の被爆・戦争体験を収録。『大切な青年(きみ)と 未来につなぐナガサキの声』(同社刊)では、7人の被爆体験の他、長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)の吉田文彦センター長のインタビューも掲載しています。

また、2020年10月19日には、これら証言集の発刊を受けて、広島・長崎・沖縄の男女高等部員の代表が「未来部ピースミーティング」をオンラインで開催。「聞き取りをして自分自身が変わったこと」をテーマに活発な議論を行い、記憶の風化が懸念される今、戦争を知らない世代が過去の歴史を学ぶことが平和な未来を創る確かな礎となることを確認し合いました。
被爆証言映像と音声を寄贈
広島と長崎の創価学会は、これまで収録・保存してきた被爆証言の映像・音声等の資料を、両県の国立原爆死没者追悼平和祈念館に208点寄贈しました。(2020年7月30日・2021年8月2日 長崎、2020年7月31日 広島)

創価学会は、青年部や女性部が中心となり、半世紀以上にわたって戦争・被爆証言の聞き取りを実施してきました。広島と長崎の創価学会は360点を超える被爆証言映像と音声を保管しており、こうした貴重な資料をより広く活用できるよう、本人や家族から承諾を得て両祈念館に寄贈したものです。
「沖縄戦の絵」展を開催
沖縄青年部では、沖縄戦体験者が描いた「沖縄戦の絵」の巡回展を、1982年以降、沖縄をはじめ全国各地で開催。これらの絵は、沖縄戦を直接体験した庶民が描いたものであり、米軍や旧日本軍による戦争記録とは異なる民衆(島人)の視点で戦争の実像をとらえた歴史的資料でもあります。

収集開始から40年となる2021年は、県内の学校や企業など19会場で、戦争体験者が描いた「沖縄戦の絵」を展示しました。沖縄戦最後の激戦地となった糸満市の糸満中学校では、「沖縄戦の絵」を使った平和学習を実施。生徒からは「改めて戦争の悲惨さを知った」などの感想が寄せられました。
「SOKAグローバルアクション2030」を推進
青年部は2014年から平和キャンペーンを通し、国内外の諸課題に目を向け、“自身ができる貢献”を啓発してきました。2017年には取り組みの模様が、国連による「青年・平和・安全保障に関する進捗研究」プロジェクトのウェブサイトに掲載されています。2020年からキャンペーン名を「SOKAグローバルアクション2030——青年の行動と連帯の10年」と改め、中長期的な展望に立って活動を継続しています。活動の柱に、①核兵器廃絶、反戦の潮流を拡大、②アジアの友好、③SDGs(持続可能な開発目標)の普及・推進を掲げ、世界市民意識の醸成に努めています。
青年不戦サミット
「最も苦難を味わった広島・長崎・沖縄が平和をテーマに継続的な協議会をもってはどうか」との池田先生の提案を踏まえ、1989年、3県の青年の代表は「3県平和サミット」(青年平和連絡協議会)を広島で開催しました。以来、平和建設のための課題と取り組みについて討議する同サミットを、3県で巡回しながら開催しています(2015年から名称を「青年不戦サミット」に変更)。
平和・文化・教育