「人権文化」「ジェンダー平等」を促進

「人権教育」の重要性

第2次世界大戦の経験から、人類は、人権が全ての人々の平和な生活に欠かせない条件であることを学びました。人権教育とは、人権に対する人々の理解を深め、それを尊重する態度を養うことです。人権に対する理解を深めることは、自身の人権の大切さを認識すると共に、他者の人権を守る必要性を認識することに繋がります。また、人権侵害を未然に防ぐことにもつながります。人権教育の目標は、世界に「人権文化」を開花させることです。
「一人の変革」を通じた「人権文化」の構築へ
SGI(創価学会インタナショナル)は、池田大作先生の提言を踏まえ、長年に渡り、人権教育の普及に力を入れてきました。一人の変革が、社会を変え、やがては世界を変えていく―。この考え方を基調に、SGIは、人権意識の啓発を通じ、「人権文化」が花開き、一人一人が自他共に幸福に生きることのできる社会を建設する担い手となるよう、国連での活動やインフォーマル教育に取り組んでいます。
国連の「人権教育」の取り組み
国連は発足と同時に、すべての人の人権擁護に向けた活動を開始しました。そして、3年後の1948年12月10日、第3回国連総会で「世界人権宣言」が採択されました。この宣言の中身を保障し、「人権の世紀」を実現するために、国連を中心に様々な取り組みが進められています。
1948年12月10日
「世界人権宣言」が採択
1995年-2004年
「人権教育のための国連の10年」
2001年8月
反人種主義・差別撤廃世界会議(南アフリカ・ダーバン)が開催
2011年12月
「人権教育および研修に関する国連宣言」
2005年-現在
「人権教育のための世界プログラム」

近年の主な取り組み

  • ▼ 目次
国連における政策形成レベルでの貢献
国連人権理事会では、SGIも所属する「人権教育学習NGO作業部会」が共同声明を提出してきました。

2020年9月24日に、21の賛同団体を代表して、SGIが共同声明を読み上げました。声明では、コロナ禍がもたらした様々な課題を前に、人権教育の推進を止めてはいけないことを確認し、2019年1月に開始した「人権教育のための世界プログラム」第4段階の推進のための具体案を提起しました。
世界人権デーにユースフォーラムを開催
2020年12月5日、「アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)を乗り越えよう!ジェンダー平等への私の一歩」をテーマに、12月10日「世界人権デー」を記念したユースフォーラムをオンラインで開催し、全国より約200名が参加しました。

主催は同フォーラム実行委員会(アムネスティ・インターナショナル日本、創価学会平和委員会)。国連広報センターが後援。

冒頭、国連広報センターの根本かおる所長、公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本の中川英明事務局長、UN Women(国連女性機関)日本の石川雅恵事務所所長、一般社団法人fairの松岡宗嗣代表理事等より、「人権へのマイアクション」と題して、人権のための実践について紹介があり、パネルディスカッションでは、ジェンダー平等のための世代間継承や、アンコンシャス・バイアスを乗り越えるためにできる身近なアクションについて活発な議論が交わされました。
「変革の一歩——人権教育の力」展を国際巡回
この展示は、2017年3月に、SGI、国際ネットワーク「人権教育2020」、ジュネーブの「人権教育学習NGO作業部会」、人権教育の促進に取り組む「人権教育と研修に関する8ヵ国プラットフォーム」が共同で制作しました。

「人権教育とは何か」から始まり、人権教育の実践を通して地域や生活の上で変革につながった5つの事例を紹介。2020年1月には、スイス・ジュネーブの国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)で、同展が開催されました。
「人権教育ウェブサイト」の多言語化
国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)協賛のもと、SGI、国際ネットワーク「人権教育2020」、ジュネーブの「人権教育学習NGO作業部会」、人権教育の促進に取り組む「人権教育と研修に関する8ヵ国プラットフォーム」が共同で制作した「人権教育ウェブサイト」のフランス語、スペイン語、アラビア語の各言語版のページが、2020年12月10日「世界人権デー」に完成しました。

また、OHCHRの特設サイトでは、同ウェブサイトの多言語化と、教育現場での活用事例が掲載されました。同ウェブサイトは、展示「変革の一歩——人権教育の力」の内容をより広く共有できるよう、人権教育促進のためのオンラインツールとして制作されたもので、2012年にSGIなどが制作した人権教育映画「尊厳への道」も視聴できます。
映画「尊厳への道——人権教育の力」の制作
SGI、人権教育アソシエイツ(HREA)、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)が共同制作し、2012年9月に国連欧州本部で初公開されました。

この映画は、「人権文化」の建設に積極的な役割が期待される「人権教育」に関する人々の認識を高めるとともに、「人権教育および研修に関する国連宣言」を普及することを目的として制作されたもの。3つのケーススタディを紹介しつつ、人権教育には、人々の意識と生き方を変え、社会を変えるために必要な行動を促す力があることを示しています。

7言語(アラビア語、中国語、英語、フランス語、日本語、ロシア語、スペイン語)で視聴可。

映画「尊厳への道——人権教育の力」

28:13
北京宣言および行動綱領採択
25周年記念の宗教間対話ワークショップ
2020年2月、アメリカ・ニューヨークの国連本部に近いチャーチセンターで、北京宣言および行動綱領採択25周年記念の宗教間対話ワークショップが行われました。

SGIが、UNウィメン(国連女性機関)、国連人口基金、WCC(世界教会協議会)等と共同で開催。同ワークショップは、北京+25レビューに信仰者の声を提示し、その過程に信仰団体を含めることを保障するための共同戦略を構築することを目的としたもの。
信仰を基盤とした団体(FBO)が、どのようにしてジェンダー平等の前進に貢献できるかについて議論が行われました。また、女性・平和・安全保障をテーマにしたパネルでは、SGIの代表がモデレータを務めました。
国連女性の地位委員会での討議に参画
2020年3月、第64回「国連女性の地位委員会」(CSW64)が開催。北京宣言および行動綱領採択25周年の佳節を迎えました。3月9日には、政治宣言が採択されました。

3月16日には、ニューヨークの「女性の地位に関するNGO委員会」が、「NGO CSW64コンサルテーションデー」をオンラインで開催。23日には、オンラインワークショップを行い、1700人以上が参加しました。

両行事で、SGI代表が司会を務めました。コロナ禍という未曾有の状況下で、フェミニストならびに女性運動家のレジリエンスが示されました。
「勇気の証言——ホロコースト展」を支援
創価学会平和委員会は、2015年10月より、ホロコーストの歴史を通じて人権に関する意識啓発を行う展示「勇気の証言ホロコースト展——アンネ・フランクと杉原千畝の選択」の日本国内の巡回展の開催を支援しています。(主催:同展実行委員会、共催:創価大学、サイモン・ウィーゼンタール・センター、協力:創価学会平和委員会)

また、同展の巡回展に関連して、NPO「杉原千畝命のビザ」の杉原美智顧問による講演会(『「命こそ大切」の心を未来へ——杉原千畝の生涯に学ぶ』)を、各地で開催してきました。
教科書における「子どもの権利条約」
記述内容の調査
創価学会女性平和委員会は、国連子どもの権利委員会に提出する「子どもの権利条約」に関するNGOレポートの作成に参加してきました。

「条約の広報」に関して、官公庁、地方公共団体の「広報」の調査とともに、教科書(小・中学校、高校使用)を「子どもの権利条約」認知への一媒体として捉え、教科書における「子どもの権利条約」に関する記述内容を1996年から2017年の間に4回、調査を実施しました。
ダウンロード(PDF)はこちら
平和・文化・教育